潤いを保って美肌を作る

もし美しい肌を目指したいのであれば、肌の潤いを保つことがとても大切になります。 美しい肌を作るための条件はいろいろあって、潤いはその中の重要なポイントです。肌に潤いがあるということは、肌に水分が多くあるということです。

水分の量は、年齢を重ねることによって少なくなっていきます。 しかし、肌に潤いがないのを年齢のせいにするのは間違いと言えます。正しいスキンケアをすることで、年齢を重ねても水分を持った、若い肌を保つことが可能です。

その上で、油分のことも意識をしましょう。ある程度油分がないと、肌が乾燥してカサカサになってしまいます。 油分があるということは、ベタベタした状態であるということを想像する人もいます。しかし、肌の乾燥を防ぐためには、ある程度油分は必要です。

大切なのは、その油分の量がちょうどいいかどうかということです。油分が多いとオイリー肌になってしまい、少ないと乾燥肌になってしまいますから、洗顔で油分をちょうどいい量にすることが大切です。

美肌になりたいと考えている人は多くいますが、漫然とそう考えるのではなく、具体的にどうすればいいかを探るようにしましょう。肌の状態は人によって様々です。

ただ、一般的に美肌と言われるのは、ハリがあって毛穴が引き締まり、すべすべして吹き出物やシミがない状態を指すことが多くあります。 鏡でよく確認して、自分の肌の状態がどうなっているかを確認すると、どういうケアをしたらいいかもわかってくるでしょう。 潤いだけでなく、併せて肌の色がいいかなども確認しましょう。

 

肌の潤いのためにセラミドを摂り入れる

セラミドは、多くの人になじみがないかもしれませんが、肌の潤いを保つのにとても重要な成分です。

私たちの皮膚は、いくつかの層によって成り立っています。 その皮膚の一番外側には、角質層と呼ばれる、厚さがわずか0.02mmほどの非常に薄い層があります。セラミドは、この角質層にある角質細胞質のことを指します。

私たちの肌は、セラミドがあることでそれぞれの細胞の間をつなぎとめていて、美しい肌を保てているのです。また、セラミドはバリアの機能も果たしています。 しかしセラミドが足らなくなると、皮膚の弾力が失われて、肌の潤いも失われやすくなってしまいます。そして、バリア機能が失われることで外からの刺激を多く受けすぎるようになり、肌が傷つきやすくなるのです。

セラミドは体の中で作られますが、コラーゲンやヒアルロン酸と同じように、年齢を重ねると体の中にある量が減っていきます。肌の潤いを保つためには、年齢を重ねることで減ってしまうセラミドを、外側から摂り入れることが重要です。 セラミドの補給方法はいろいろあります。食事から摂り入れることも頭に入れて、試してみるといいでしょう。 セラミドはこんにゃくに豊富に含まれています。こんにゃくの中でも、生いもこんにゃくと言われるものに、セラミドはたくさん入っています。

また、サプリメントで補給するというやり方もあります。自分に無理のない方法でセラミドを補給して、肌の潤いキープにつなげるといいでしょう。

肌の潤いに効く栄養素は?

肌の潤いを作るためには、効果がある栄養素を意識することも大切です。肌の潤いを保つために効果があると言われている食材はたくさんあります。

しかし、中にはその食材があまり好きではないという場合もあります。そういう時は、食材に含まれているどの栄養素が効果があるのかを頭に入れておくことで、別の食材を食べることで補うことができます。まず、ビタミン類はとても重要です。

ビタミンAはコラーゲンの生成を助ける働きがあります。従って、弾力のある肌を作るためにはとても大切な栄養素なのです。また、新陳代謝も促してくれますから、冷え症の人や乾燥が気になっている人は、ビタミンAの量が足りているかを意識してしましょう。

次に、ビタミンCも大切です。ビタミンCはレモンやアセロラなどの酸っぱい食べ物に多く含まれている栄養素です。ビタミンCは抗酸化作用がとても高いが、肌の潤いを作ることにも関係してきます。そしてビタミンCも、ビタミンAも同じように、体の中でコラーゲンを作るのを助ける効果があります。また、美白にも効果があるのがビタミンCですから、きれいな肌を目指している人には欠かせない成分です。

さらに、ミネラルも欠かさずに摂り入れたい栄養素です。ミネラルは、新陳代謝を促したり、健康な血液を作ったりする効果があります。ただ、栄養素の中には、摂りすぎが禁じされているものもありますから、自分に足りていない栄養素だけを補うようにしましょう。基本的には、毎日の食事の中で、様々な食材をバランスよく取り入れられるようにしましょう。

このページの先頭へ