肌の潤いと保湿の関係

きれいな肌を作る上で、保水と保湿は重要な要素です。保水は入念にやっている人は多くいますが、保湿についても入念にやっているという人は、それほど多くないようです。

保水とは肌に水分を与えることですが、これだけで肌に潤いが出るかというと、そうでもありません。保水の後に保湿をしないと、肌の水分は次々と抜けていってしまいます。従って、入念に保水をしても、保湿をしないと効果がないのです。

私たちの体には、保湿機能がもともと備わっています。しかし、この保湿のための成分は、洗顔やメイクによって失われたり、機能が乱れたりします。

肌に保湿機能を持たせるためには、乳液やクリームを使うといいでしょう。 化粧水のみでケアを終えていた人も、乳液やクリームを取り入れることで、保湿をすることができます。 この時、コットンを使うのではなく、手で直接つけるようにしましょう。 肌の潤いを保ったり、作ったりする層はとても薄く、およそ2mmしかありません。従って、コットンを使って乳液やクリームを塗ると、その層に傷がつく恐れがあるのです。

乳液やクリームをつける時の基本は、乳液などを手のひらに取ったあと、体温で少し温めます。その後に顔を抑えるように素早く全体に広げます。そうしてから、手のひらで押すようにして染み込ませます。 肌はとても傷つきやすいですから、やさしくやるようにしましょう。また、潤いを保つ効果がある美容液を併せてつけるのもいいでしょう。

このページの先頭へ