肌の潤いと弾力の関係

肌の潤いを保っていると、肌に弾力が自然と出てきます。見た目がプルプルしているだけでなく、触った時に弾力があると、見た目も若く見えますのでいいでしょう。

その上、肌に弾力があればハリもあるので、ハリがあることで化粧ののりもよくなります。肌にしわがあるとどうしても老けて見えますから、弾力がないという人はまず弾力を取り戻すことで、見た目の年齢を若返らせましょう。

もし、自分の肌の状態がよくわからないのであれば、エステサロンなどで弾力のチェックをしてもらうといいでしょう。

肌に弾力がなくなると、マスクのゴム紐の跡や、枕のしわが顔に残ることもあります。それを隠そうと、メイクに躍起になる人もいます。歳を重ねたことで弾力が失われてしまったと考えているのであれば、年代別に作られた基礎化粧品を使うようにしましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸が不足していることが原因で、肌に弾力や潤いが失われている可能性もあります。その場合でも、年代に合わせた基礎化粧品を使うことが大切です。基礎化粧品は、その世代の人に不足していると想定されている成分が入っています。

そして肌に弾力がない場合、ケアをしつつ、しわを作らないように注意しないといけません。寝る時に枕を顔に押し付け、うつぶせで寝る人もいます。しかし、それをやってしまうと、顔にしわができやすくなってしまいます。

また、保水と保湿が、肌の潤いや弾力を保つのには大切です。その上で、顔の筋肉を鍛えると、より効果的でしょう。

 

肌の潤いを保つための費用

肌の潤いを保つためにはどうすればいいか、その方法をどうするかのよって、費用も違ってきます。自宅でできるマッサージなどを選択すれば、必要なのは化粧水やマッサージに使うクリームだけで済みます。多少高いものを買っても数千円程度ですし、安いものであれば500円以下で手に入れることもできます。

ただ、エステなどを選ぶと、数万円~数十万円といった費用がかかることもよくあります。肌の潤いを保ちたいけれど、費用も極力抑えたいということであれば、まず自分でできる肌の潤い対策をするといいでしょう。化粧水や乳液・美容液全てを高いものを買うとなると、どうしても費用がかかってしまいます。それを避けたいのであれば、オールインワン化粧品と言われているものを使うといいでしょう。

ゲルタイプのものがよく市販されていて、5000円~1万円ほどかかります。ゲルタイプで5000円以上するとなると、かなり高いイメージがあります。しかし、そうとも言い切れません。オールインワン化粧品は、化粧水や乳液・美容液などの様々な成分が入っている商品です。従って、オールインワン化粧品を使うと、化粧水や乳液などを1つずつ買う必要がないのです。

今まで別々に商品を使っていたけれど、それぞれの商品について1つ1つを比較することを煩わしく感じている人は、オールインワン化粧品を使うといいでしょう。肌の潤いは保ちたいけれど、美容液などをつけるのは忘れてしまうという人にも合っている商品と言えます。

このページの先頭へ