セラミドとは?

最近話題のセラミド配合化粧品が人気です。

セラミドとは皮膚の角質層の細胞と細胞の間にある脂質の約50%を占めるスフィンゴ脂質のことを言います。 少し難しいですが、細胞の中の潤いを保ってくれる成分と考えていいですよ。水分をセラミドが確保してくれます。

そのセラミドは年齢と共に減少していきます。

外的要因が大きいですよ。紫外線などが、セラミドを不足させる原因の一つです。

お肌の老化現象(シワ、たるみ)などが出てきたらセラミド不足の可能性が高いです。

セラミドは年齢と共に減少しますので、補ってあげることが必要になってきます。

最近ではアンチエイジングにセラミドが人気だそうです。口コミでも評判ですね。

アトピー性皮膚炎の原因の一つに、セラミド不足ということがわかっています。

アトピー改善にも効果があると言われているんですよ。

乾燥肌にも効果的なセラミドをお肌へ補ってあげるにはスキンケア化粧品が一番だと思います。

お肌へ直接付けますので、補充されやすいそうです。

乾燥対策、アンチエイジングケアにはセラミドをお勧めします!

セラミドは細胞膜に高い濃度で存在することが知られている。 細胞膜においてセラミドはスフィンゴミエリンを構成する脂質の一つであり、また脂質二重層を構成する主要な脂質の一つでもある。長年にわたり、細胞膜に存在するセラミドとその他のスフィンゴ脂質は単なる脂質膜の構成要素であると思われてきたが、現在ではこの考えが完全に正しいわけではないことが分かってきている。セラミドの生体作用のうち最も魅力的であると思われるのは、酵素群により細胞膜からセラミドが遊離し、これがシグナル伝達物質として作用する機能であろう。セラミドの細胞シグナル伝達物質として、分化、増殖、プログラム細胞死(PCD)、アポトーシス(タイプI PCD)を制御することがよく知られている。この機能のため、セラミドはしばしば「細胞死のメッセンジャー (messengers of cell death)」と呼ばれる。人体においては、セラミドの合成障害によりアトピー性皮膚炎などを生じうる。

wikipediaより引用

このページの先頭へ