毛穴が開く原因について

毛穴が開く原因とは、どんなものがあるのでしょうか?

  • お肌の水分不足
  • 加齢
  • 不飽和脂肪酸

これらの3つが挙げられます。

お肌の水分不足

お肌の水分量が減って水分不足になってしまうと、乾燥肌になってしまいます。
乾燥肌になると、乾燥を防ごうとして、お肌は皮脂の分泌を増やしてしまうのです。
毛穴は、このため開いてしまいます。

加齢

コラーゲンは加齢とともに減少していくのですが、コラーゲンが減少すると、お肌の弾力や潤いがなくなってしまいます。
毛穴はこのため開いてしまうのです。
また、毛穴が開くことでお肌がデコボコに見えるので、とても老けて見えてしまうでしょう。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は皮脂に含まれているのですが、この不飽和脂肪酸が酸化すると、お肌が炎症を起こしてしまいます。
毛穴は、こうなると開いてしまい、その毛穴の形が逆三角形のように変形してしまうのです。

毛穴が開かないようにするには、お肌のケアを日頃からしっかりとしてあげなければなりません。
毛穴を開かせないためには、「きちんと汚れを落とし、保湿もしっかりとする。」ことがとても大切なのです。

コメントを残す

このページの先頭へ