ほほのたるみと加齢の関係

ほほのたるみの最大の原因は加齢と言えるでしょう。年を取ると様々な老化現象に悩まされます。もちろんお肌も加齢によって皮膚がたるみ、シミやシワができます。加齢と言っても、いろいろな要因が重なって、たるみにつながっていくのです。

1つ目の要因は、皮膚(表皮・真皮)の老化です。皮膚は表皮と真皮、皮下組織で形成されており、一番外側にあるのが表皮、その下にあるのが真皮です。老化によって肌の潤いやハリに必要な成分が不足すると、皮膚は乾燥し、弾力を失ってしまいます。その結果、たるみやしわができてしまいます。たるみを改善するには、肌を潤った状態に保つことが重要でしょう。

2つ目の要因は皮下組織の老化です。真皮の下にある皮下組織は大部分が皮下脂肪でできています。脂肪の間には繊維状の組織があり、表皮、真皮をクッションのように支えて持ち上げる働きをしています。皮下組織が老化し弾力がなくなると、ほほが垂れ下がるほどにたるんでしまいます。そして、ほうれい線のような深いしわやフェイスラインの崩れが起こります。コラーゲンを補給することが重要なケアになるでしょう。

3つ目の要因は筋肉の老化です。体と同様に、顔の筋肉も老化とともに衰えてきます。顔にはたくさんの筋肉がありますが、人と話したり笑うことが少なかったりすると、表情筋がさらに衰えてしまいます。これがほほのたるみを進行させてしまうのです。筋肉を鍛えることで改善できますから、顔のストレッチをするといいでしょう。

このように加齢によるほほのたるみを改善するには、皮膚のハリと筋肉がポイントになります。ほほのたるみの原因を理解し、それに合った対策を実践していきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ