ほほのたるみの原因とは

ほほのたるみの原因はいろいろあります。

1つ目の原因として、ほほの筋肉の衰えがあります。顔にはたくさんの筋肉があるのですが、その筋肉は使わなければどんどんやせ衰えてしまいます。ですから顔の表情が乏しいと表情を作る表情筋が使われず、その結果たるんでしまうのです。

2つ目の原因として、老化が考えられます。年齢を重ねるとともに体力が低下し、筋肉を使うことが少なくなります。また老化によって肌にハリや潤いがなくなり、目尻が垂れ下がったり、たるみやしわができやすくなります。肌細胞自体も加齢によって減少するので、皮膚が薄くなったところからたるみができてしまいます。

3つ目の原因として、紫外線が挙げられます。紫外線はシミやしわの原因となりますが、浴び続けると肌のハリがなくなり、たるみの原因にもなります。UVケアは日焼けや皮膚がんなどの予防になるだけでなく、たるみ予防にもなるのです。

4つ目の原因として、乾燥も挙げられます。水分たっぷりの潤いのある肌はとてもハリがあります。乾燥した部屋に長くいたり、肌細胞の保水力が低下することで、潤いや弾力がなくなり、ほほにたるみが出始めます。

5つ目の原因として体重の増減も考えられます。太ることによって顔の皮下脂肪も増え、筋肉や皮膚が支えきれなくなって顔がたるんでしまいます。また逆に急激に痩せたときには、顔の皮下脂肪が急になくなり表面の皮膚が余ってたるみが起こります。

ほかにも睡眠不足や疲労、肩こり、ストレス、洗顔のしすぎなどもたるみの原因となります。顔には体の状態が顕著に現れます。自分の顔のたるみの原因となっているものは何か、生活を見直してみるといいでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ