ほほのたるみと疲労の関係

ほほのたるみの原因に疲労もあります。仕事や家事など忙しい毎日の中で、疲れは溜まってくるものです。疲労が病気やストレスの原因になることはもちろんですが、肌トラブルの原因にもなります。


疲労は体の機能を低下させてしまいます。新陳代謝が悪くなることで、肌にも影響がでてきます。新陳代謝は体内の老廃物を排出して、一定のサイクルで古い細胞を新しい細胞へと生まれ変わらせるものです。若々しさを保つためにも重要な働きです。ですが、体が疲労した状態だと新陳代謝が悪くなり、老廃物や不要な水分を排出できなくなるために、体内のリフレッシュができなくなります。そのため肌が本来持っている潤いやハリを保持する力が低下し、たるみにつながっていきます。疲労が溜まったときに、目の下にたるみができたり、ほほがたるんだように感じることがありますよね。それは新陳代謝が悪くなっている証拠と言えるでしょう。


また疲労はコラーゲンの生成にも悪い影響を与えます。肌の弾力やハリにはコラーゲンが欠かせません。不足すると、ハリのないたるんだ顔になってしまいます。
疲労によって肌が生まれ変わる働きが低下し、若々しく美しい肌状態を保つことができなくなります。シミやしわができ、ほほにたるみが生じ、老けてみられてしまうのは嫌ですよね。疲れた顔は、それだけでも表情が暗く、いい印象ではありません。その上ほほにたるみがあったら、より老けた印象を与えてしまうので、たるみ予防のためにも疲れを溜めないことが大切になるでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ