ほほのたるみと乾燥の関係

乾燥はいろいろな肌トラブルを引き起こします。ほほのたるみの原因の一つも肌の乾燥です。潤った肌はハリや弾力があります。ですが肌が乾燥すると、弾力感や輝きがなくなり、たるみができやすくなります。ほほが乾燥すると徐々に垂れ下がったようにたるみ、フェイスラインが崩れ始めます。


肌の乾燥は加齢や紫外線などによって起こります。成人の体はおよそ60~65%くらいが水分でできています。体内の水分量が減れば、お肌も潤いがなくなって乾燥し、ハリのない状態になります。そしてたるみにつながっていくのです。


乾燥が原因となりたるみ以外にも顔にトラブルが増えます。毛穴が開いたように目立つこともあります。毛穴が目立つと顔がくすんで見えたり、化粧もうまくのらず、見た目にもいい印象を与えません。乾燥によって毛穴周辺の皮膚の弾力がなくなることで、さらに毛穴が落ち込み、毛穴を中心としてへこみができるために毛穴が目立ってしまうのです。肌の水分が保持され潤っていれば皮膚が落ち込むことはなくハリが維持されるのですが、乾燥していると皮膚の落ち込みがひどくなり、たるみにもつながります。


ほほのたるみを予防するためにも乾燥対策は欠かせません。肌が乾燥しないように、水分をしっかり摂り、保湿効果のある化粧品を使ってケアしましょう。湿度が低く乾燥する季節には加湿器の使用もおすすめです。たるみの原因となっている乾燥の対策を行い、たるみのない若々しい肌を手に入れましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ