美白成分には、どんな成分がある?

美白成分には、どんなものがあるのでしょうか?

それは、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制するものとメラニンの排出を促進するものがあります。 つまり、美白の妨げとなるメラニンを作らせないようにするものと、できてしまったメラニンを体外に追い出すもののどちらかです。 美白成分として、メラニンを作らせないようにするもので代表的なのは、トラネキサム酸やt-シクロアミノ酸、ビタミンC誘導体、コウジ酸、アルブチン、プラセンタエキス、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などでしょう。

美白成分として、できてしまったメラニンを体外に排出するのをサポートするもので有名なのは、出芽酵母エキスやプラセンタエキス、4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)などです。 中には、メラニンの生成抑制と排出、両方の効果を持つ美白成分といえる、4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)やプラセンタエキス、ビタミンC誘導体などもあります。 また、すでにできてしまっているシミやくすみを改善するために有効な美白成分としては、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、カモミラETなどが挙げられます。 美白化粧品を購入する際には、配合されている美白成分の効果をよく確かめて選ぶようにしてください。

コメントを残す

このページの先頭へ