日焼けするのは美肌にはダメ?

日焼けは美肌を目指すうえで最大の敵といっても良いでしょう。
というのも、肌の組織は紫外線を浴びることによって破壊されてしまい、しみやしわができやすくなってしまうからです。
例え、しみやしわがすぐにできなくても、30代後半~40代の肌の再生能力が低下する年齢になった時、その肌に若い頃に受けた紫外線のダメージが現われる可能性があります。
つまり、紫外線を浴びるということは、今は肌に問題がでなくても、将来的にトラブルを起こす危険があるということです。
そのため、年齢に関係なく、美肌を作りたいと思っている人は紫外線対策を念入りに行なう必要があります。
では、紫外線対策はどのようにして行なえばいいのでしょうか?

紫外線対策としては、

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 帽子や日傘を使用する
  • スキンケアを行なう
  • 規則正しい生活習慣を意識する
大きく分けてこれら4つの有効な方法があります。

日焼け止めクリームを塗る
紫外線から肌を守るため、外に出る時には日焼け止めクリームを塗るようにしてください。
ただし、肌トラブルを起こす原因となってしまいますので肌質に合わない物は使用しないようにし、自分の肌質に合う物を選ぶようにしましょう。

帽子や日傘を使用する
紫外線対策として、帽子を被ったり、日傘をさすことは有効となります。

スキンケアを行なう
紫外線を浴びた肌をそのまま放置してしまうのはとても危険です。
スキンケアをきちんと行なうようにしてください。
紫外線を特に多量に浴びたと感じた時は、紫外線対策用のビタミンCやコラーゲンといった美容成分が豊富に含まれた化粧品でスキンケアを行なうと、しみやしわを効果的に防ぐことができます。

規則正しい生活習慣を意識する
肌の再生を促し、紫外線による肌トラブルを予防に繋がりますので、栄養バランスの良い食事と十分な睡眠をとることも大切です。

コメントを残す

このページの先頭へ