ターンオーバーと肌の潤いの関係

私たちの肌には「ターンオーバー」という機能があります。

いわゆる新陳代謝のことを指しますが、ターンオーバーがあることで、肌は常に新しくなっています。ターンオーバーは、一定のサイクルで回っています。

 

従って規則正しく繰り返されているはずなのですが、まれに、この規則性が崩れてしまっている人がいます。

ターンオーバーが崩れてしまうと、本来は赤としてはがれるものである汚れや角質がいつまでも肌に残ってしまいます。

これによって、乾燥してしまうなどの肌の不調を招いてしまいます。

 

肌の潤いを保つためにも、ターンオーバーのサイクルを規則正しくするため、生活習慣をよくすることが大切です。

ターンオーバーのサイクルがどういう時に乱れるかというと、日常生活が不規則になった時に乱れます。

睡眠時間が長すぎたり短すぎたりするほか、食べ物の栄養が偏ったりしても気をつけないといけません。

 

また、ストレスも肌に悪影響が出ることがあります。ターンオーバーが乱れていると、いくら肌に潤いを与えようとがんばっても、効果は期待できません。

肌が成分を吸収できないので、高い化粧水や乳液・美容液などをつけても、効果が出ないのです。

もし、肌の潤いをどこか感じられなくなったら、生活習慣が崩れていないかを確認するようにしましょう。

 

人によっては、一時的に強いストレスを受けただけで吹き出物が多くできてしまい、肌の調子が悪くなることもありますから、気をつけないといけません。

毎日スキンケアを丁寧にやることも重要です。しかし肌に潤いを持たせるためには、毎日の生活にあるいろいろな場面で気を使うことが大切なのです。

コメントを残す

このページの先頭へ